医療連携

育心保育園の医療連携

育心保育園の「体調不良児対応」は、登園中の体調不良の際に、各嘱託医である高木医院(南中山園隣接)、たいしどう内科クリニック(長町園入居ビル上階)が、園の看護師や保育士と連携を取り、子どもの体調不良に対応し、必要に応じて診察まですることが可能です。この園と医療機関の連携によって、登園中、働く保護者の負担が大きく軽減されます。

一般的な体調不良児保育は、園児が登園中に体調を崩した際、看護師や保育士が園内で体調管理をし、医師の診察が必要と思われる場合には、保護者を呼び出して医療機関を受診していただくものです。

※ 園児に何らかの体調不良を認めた時点で、保護者にご連絡をいたします。

※ 保護者に連絡がとれない場合は、お子さんの身体の安全を優先させ、当保育園が対処しますので予めご了承願います。

※ 医療機関での医療費等は、保護者負担となります。

※ 当局の指示により、コロナ禍では37.5℃以上の発熱時はお迎えをお願いいたします。

※ 園の状況により体調不良保育が実施出来ない場合があります。

投薬について

① 薬(内服・外用のみ)を持参する場合、薬剤情報提供書の原本かコピー(初回のみ)と薬の依頼書を合わせてご持参ください。

② 薬の1回分量を小さな封のできる袋に分けた状態でお持ちください。

③ 必ず保護者がペンで、袋に名前(フルネーム)を明記して、薬の1回分量と依頼書を中に入れたものを保育スタッフにお渡しください。
※ 同じ姓・名のお子さまの誤飲防止を防ぐためフルネームの記入をお願いしております。

市販の薬は対応できません。お子さまを診察した医師の処方によるものに限ります。

⑤ 書類は完治後保育園で保管させていただきますのでご提出ください。
※ 薬の依頼書の用紙は、入園時の書類一式の中にありますので、コピーしてお使いください。 (保育園にもあります)

マスコットのうさちゃん